医師公務員求人サイトランキング

公立病院の公務員医師

公立病院とは、地方公共団体が運営している医療機関の総称で、市立病院はもちろんのこと町立病院なども含まれます。地方公共団体が経営している病院施設などがそうであり、自治体病院なんて呼ばれ方もしていますよね。ちなみに地方独立行政法人へ行こうした医療機関であったり、公立大学法人に付属している病院なども、一般的には公立病院と呼ばれることが多いのです。

全国的には約4500の医療施設が存在していると言われています。公立病院の勤務になると、当然にその扱いは地方公務員として扱われることになり、給与や待遇面などは、それぞれの地方の自治体の規定に基づいて査定されるという仕組みになっています。

ただ一般的に年収の面から比較してみると、一般の病院施設と比較して、医師の給与はそれほど高くはないというのが現状としてあります。たたし、地域格差というものをなくすために、諸手当がつくために、それほどに差というものは感じない程度の待遇は受けることができるでしょう。さらには福利厚生面での充実さは、一般的な病院と比較しても、厚い待遇を受けることができると言えるでしょうね。

そして全国的に公立病院勤務の医師の給与は、地方差があまりないと言われています。しかしこれでは弊害が起きますよね。物価の高い首都圏と、そのほかの地方都市で、給与水準が同じとなれば、当然に首都圏には医師が不足することでしょう。生活水準が維持できないからです。それに需要が高いし、労働が過酷な上に、給与が同じでは、当然に地方に流れていくということが考えられますよね。だから公立病院の給与には、諸手当が多いという特徴が見られるのです。

公立病院のほとんどが、外科や内科をはじめとして、幅広い診療科を持っているというのが特徴です。これは各地域医療の中核を担っていることから、幅広い診療科と、それらの医療に対してのプロフェッショナルを有し、まさに地域になければならない病院というものを、昔から担ってきたからなんですね。 ただし近年では財政難であったり、医師不足などによって、公立病院の多くが統廃合や民間への譲渡などが行われていて、ここ数年で、400以上もの施設が減少しているという状態になっています。 転職に関しては、当然に医師不足の状態ですから、見つけやすいということが言えるでしょう。数多くある求人の中から、自分の条件にマッチした病院を探すのが、公立病院へ転職する際のコツです。それにはやはり情報量が左右すると言っても過言ではないでしょうね。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.