医師公務員求人サイトランキング

県立病院の公務員医師

医師として働く環境というものは、本当に星の数ほどあるといって良いでしょう。それほどにとても重宝される国家資格であるということが言えますよね。その中でも県立病院などのような公立の病院で勤務したいと思っている医師の方も大勢にいらっしゃるでしょう。県立病院で医師として働いた場合のメリットやデメリットはどういったところにあるのでしょうか。

実は県立病院へと転職を希望されている医師のほとんどは、実はその県の出身者などは少なく、地方から転居してきて、県立病院で働くというケースが多いんですよね。都会の中で医師として忙しく働き、地方の都市でゆったりとまったりと医師の仕事を続けていきたいという方などが、県立病院への転職を希望されているケースがよく見られます。

県立病院へと転職をすれば、ある程度の収入を安定的に得ることができるからです。都会の殺伐とした大病院での出世争いなどに疲れてしまった医師の多くが、こういったケースで転職を希望することが多いのですよ。県立病院へと転職すれば、扱いは公務員になります。地方公務員として、県職員の扱いになるわけですからね。公務員医師のメリットは、収入こそ低めと言われていますが、公務員特有の福利厚生の手厚さなどを考えれば、充分に優遇されているし、やはり公務員特有の景気などに左右されない給与査定も魅力のひとつですよね。

一般的に県立病院で働いたときの年収の相場は1200万円前後と言われています。当然に地方によっては、変動がみられますが、相場はこういったところでしょうね。ただ新卒からのスタートは年収600万円から800万円と言われていて、現場経験を5年程度もこなせば、1000万円の大台には乗ると言われています。5年から10年で1200万円前後となり、部長などのクラスになると1500万円前後の年収を得ることができるようですね。

県立病院は景気などには関係なく、年収査定が行われていきますから、年々給与が上がっていくことになるのです。県立病院へ医師として入職し、15年も勤務すると、年収が1600万円から1900万円になると言われています。これは一般の勤務医であれば、部長クラスや院長クラスの年収とさほど変わらないという数字なんですよね。もちろんその病院によっての差はあり、人気の高い病院であれば、もっともらっている医師もいるでしょう。ただ「安定性」という意味では、群を抜いて、県立病院での勤務医がメリットがあると言えるでしょう。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.