医師公務員求人サイトランキング

医師公務員の手当

医師と聞くと高年収というイメージがありますが、これはあくまでイメージであって実際の収入は勤務先の病院の規模や開業医かどうか、どんな分野の医師かなどによって大きく変わってきます。特殊な技能・技術を持っていればそれだけ収入も上がります。たとえば民間病院に勤務する医師よりは国公立病院に勤務している医師公務員の方が年収が高いとされています。さらに年収以外にも医師公務員には多くの手当てが付くため、民間の病院の医師よりも優遇されていると言えるかもしれません。では医師公務員が受けることのできる手当にはどのようなものがあるのでしょうか。

医師公務員といっても県立病院や市町村立病院に勤務しているのは地方公務員扱いとなります。もちろん公務員ですから安定した収入を得ることができます。全国の平均として基本給は63万5千円程度です。これに加えて公務員の大きな特徴である各種手当が付きます。たとえば扶養手当、地域手当、住居手当、夜間勤務手当、休日勤務手当など条件にもよりますが20個近い手当を受けることが可能なのです。一見医師の業務とは関係なさそうな手当も複数ありますが、あくまで扱いは地方公務員なので基本給とは別に手当が付く可能性は十分にあります。国公立病院よりも県立病院などの方が競争率が低いにもかかわらず、待遇は地方公務員の医師の方が良いということも少なくありません。

一方で国立病院に勤務している医師は国家公務員として扱われます。収入は地方公務員と同様基本給に各種手当が付くという形になります。その手当の中には扶養手当や通勤手当など地方公務員と同じようなものから、広域移動手当、寒冷地手当、派遣手当など国家公務員として働く医師ならではのものもあります。国立病院に勤務しているとより広範囲に旅行したりサポートに行ったりすることが増えるので、特殊勤務や超過勤務に対する手当が手厚くなっています。地域によって手当の種類や給与が大きく異なる地方公務員とは異なり、全国どこにいても一定の給与水準が確保されているという魅力が国家公務員にはあるのです。

このように、医師公務員と一言で言っても地方自治体の病院に勤務している医師と国が運営する病院に勤務している医師とでは手当に若干の違いがあります。もし医師公務員としてこれから働くことを希望している方がいるなら、こうした細かな違いについても良く知って就職先を決定するようにしたいものです。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.