医師公務員求人サイトランキング

医師公務員の接待

医師のお仕事と言えば、製薬会社から様々な接待を受けるというイメージがありますが、医師公務員の場合には公務員という立場になるため、そうした接待は禁止となっています。これは国家公務員倫理法によって決められているもので、利害関係のある相手や企業からの接待を受けると、法律によって罰せられてしまうことになります。医師の場合、利害関係のある相手や企業と言えば、患者さんや製薬会社などが該当するわけで、こうした人たちや企業からはいかなる接待も受けてはいけないのです。

民間の病院に務める医師の場合には、こうした接待に関するルールは設けられていないので、製薬会社などから接待を受けたからと言って違法行為になってしまう心配はありませんが、公立の病院や国立病院に勤務する医師公務員の場合には、民間病院ではOKの言動が違法行為となってしまうので、注意しなければいけませんね。特に、民間の病院から医師公務員へと転職した人だと、それまでの慣習によって深く考えずに違法行為をしてしまうかもしれません。医師公務員へ転職する際には、そうした点は肝に銘じておいた方が良いでしょう。

接待が禁止されているのは、国家公務員でも地方公務員でも同じです。また、公務員同士の接待もNGとなっているので注意したほうが良いでしょう。病院で働く医師の場合には、利害関係のある企業や人物が多岐にわたることが多いため、知らないうちに違法行為となっていたという可能性があります。どこまでがOKでどこからがNGなのかをはっきり理解していれば気を付けることができますが、線引きが不明な場合には、接待と受け取られてしまうような行為はすべて慎んだほうが安心ですね。

一般企業で良く行われている接待行為には、ゴルフや旅行、食事や飲みの席に招待されるなどがありますし、ひどい場合には口利きをしてもらうことによって収賄を送るという行為もあるでしょう。そうした席であからさまに何かで便宜を図ってもらおうとお願いをするのはもちろんNGですが、そうしたはっきりとした会話をしなくても、利害関係のある企業や団体、個人からサービスを受けたり対価が発生するものを受け取るという行為は、それだけでNGとなってしまうので気を付けなければいけません。お中元やお歳暮などを受け取ることに関しては、接待に該当するのかどうかはグレーゾーンとなりますが、常識の範囲を超えるような高額なものを受け取るのは対価が発生すると考えられるのでNGとなります。何回も繰り返してお中元やお歳暮などの贈答品を受け取り続けることもまた、接待と判断されてしまうことがあるので気を付けてくださいね。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.