医師公務員求人サイトランキング

医師公務員の年収・給料

民間の医師と、公務員医師の場合では、どちらの方が給与的には優遇されているのでしょうか。これは転職というものを考えた際には、何気に大きなポイントですよね。医師が転職を考える理由の多くは、やはり給与をはじめとした待遇面に不満を抱いていることが、代表として挙げられますから。

やっぱり民<官の法則は、一般職でも公務員でも変わらないと思う医師の方もいらっしゃるでしょう。一方で、実際に公務員医師は低給与だと主張している人たちもいらっしゃいます。同じ給与であるはずなのに、こういった意見の違いが出てきてしまうのは、やはりお互いが都合の良い感じで解釈をしているからにほかなりません。

こういった「噂話」的なものを信じて、間違った情報を信じてしまうと、はっきりいって転職活動において失敗することになりますよ。看護師や薬剤師などの情報は、何気に詳しい部分まで公開されてはいるものの、医師という職業に関しては、暗黙の了解というのか、何気に隠されているような状況で、あまり情報を収集することが難しいんですよね。ですから、転職支援サービスサイトなどを利用して、実際の医療現場における真実の情報を収集しておくのがベターな選択だと言えるのです。

一般的に言われているのは、公務員給与削減法案というものが可決されてしまったために、時限つきではあるものの、公務員の給与削減が決定されたという背景があります。しかしながらそれでも公立病院勤務の医師の年収は約1500万円前後ということに対して、民間病院は1100万円前後というのが平均的な年収のようですね。特に国立病院などに働く、国家公務員扱いの医師になると、役職がなくても1400万円程度の年収を期待することができます。医長に抜擢されると1600万円程度の年収を獲得することができるのですよ。

さらに年収面以上に期待できるのは、その福利厚生面での充実度でしょうね。たとえば公務員医師である場合には、公務員医師住宅を安価な価格で貸与されるということ。また地域手当などを代表として、諸手当が多いということ。またリタイアした場合の退職積立金の率が高いという点。そして高額な年金を獲得することができる、公務員共済年金というものに加入できるというのも、かなり高いメリットであるといえるのですよ。なんだかんだと言われているものの、やはり公務員医師の待遇は、民間よりもよく、魅力ある職業であると言えるのではないでしょうか。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.