医師公務員求人サイトランキング

医師公務員の退職金

世の中では民官格差というものが話題になっていますよね。公務員と一般の会社員との待遇面の格差があまりにも大きく、それが問題になっていると言えるのです。これは一般職と呼ばれるものだけではなく、医師の世界でも同じようなことがいえるのですよ。

たとえば年収面でいうと公務員の場合には、年収で約1500万円。それに対して民間の医師は、1200万円というところが相場になっているのです。医師の世界は300万円という格差ですが、一般職の場合には、さらに悲惨な状況になっています。国家公務員の実年収は、808万円が相場。それに対して、民間のサラリーマンは400万円前後となっているんですよね。数字を見ての通り、2倍なんですよね。同じような仕事をしているのですから、これに不満や不公平を感じてしまうのは当然のことではないでしょうか。

世の中不景気だと言われているにも関わらず、自分たちはまったく意にも介さず安定した年収を獲得している。これに疑問を感じている人間は多いものです。しかし逆を返してしまえば、だったら公務員医師として転職を目指してしまえばいいということになるのではないでしょうか。医師の世界では、昔から官<民というのが常識的に通ってきたわけですから、これを考えると、信じられないデータであると思う人もいるでしょう。しかし現実的な数字ですから、転職を考えている場合には、公務員医師としての選択肢も考慮すべきだと言えるのです。

その上で昔から言われているのが、福利厚生の充実さなどです。その中でも退職金にスポットを当てていきましょう。たとえば定年前に自主退職する国家公務員向けの退職金優遇制度。ただでさえ高いとされている公務員の退職金をさらに最大で4割増しで調整しているという話も出ているのです。さらに年齢制限も、50歳以上から45歳以上に拡大する見込みで、高額な退職金を頂いた後に、天下るというアクションを助長するようなシステムが作られようとしているんですよね。

退職金は基本額に対して、調整額がプラスされるという算出方法になっています。退職日現在の俸給月額に金属機関別支給率と、退職自由別の利率が乗されて出されるのが基本額となります。一般的には1500万円から3000万円というところが公務員の退職金相場だと言えるでしょう。これに対して民間の医師の退職金が、1100万円前後というところが相場ですから、かなり優遇されていると言えるでしょうね。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.