医師公務員求人サイトランキング

医師公務員のアルバイト・副業

ある調査によれば、医師の資格を有し、実際に医師として働いている人間の約6割が、常勤勤務以外にアルバイトを行っているというデータがあるんですね。一般的なイメージだと高給取りであり、また時間の制約というものも受けることから、お金を使う時間もないとされるために、さぞかし多額の貯金がありそうだというイメージがありますよね。だからこそ、アルバイトなんてものとは、絶対に無縁のものであるというイメージが一般的にはあるものです。

しかし実際には、6割の現職の医師がアルバイトに精を出しているという結果になっているんですね。この割合は、一般的なサラリーマンや、自営業者などと比較してもかなり高い割合であると言えるのです。アルバイトの頻度としては、やはりそこまで多くなく、一番多いところで、週に一度程度という結果が出ています。そしてアルバイトに関しては、単発のアルバイトなどではなく、定期的に継続して受け入れている医師が多いというデータもあるんですね。

医師のアルバイトは、病棟管理というものであったり、検診などの種類が多く、比較的に楽な仕事内容の上に、医師として扱われるために、高収入が期待できるという点がメリットとして挙げられます。ただし医師免許を持っていれば、誰しもがアルバイトを出来るとは限らないので注意が必要なんですね。

基本的には、公務員医師のアルバイトは、法律違反になりますから、禁止されています。国立病院機構や厚生労働省。また各地方自治体が運営をしているような医療機関において、「常勤医」として、正規雇用されている場合には、当然に公務員になりますから、アルバイトをすることはできません。ただし、こういった医療機関であっても、契約社員やアルバイト。また非正規雇用である場合には、公務員としての地位は保証されませんから、アルバイトをすることは可能になります。ある意味で医療系のフリーターといったところでしょうね。

また公立病院であったり、準公立病院においても、アルバイトを認めないとしているところもありますから、注意しましょうね。転職などをする際には、こういった部分の労働規約などをしっかりとチェックしておくことも、忘れてはならない大事な作業の一環だと言えるでしょう。 また逆に公務員の立場であっても、例外的にアルバイトを認めるというところも存在しています。現実にも、公務員医師という立場でありつつも、アルバイトをしている医師は存在しますからね。しかしながら、当然にその勤務している医療機関に許可を取るということが前提になることを覚えておきましょう。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.