医師公務員求人サイトランキング

地方公務員の医師の待遇

公務員医師といっても、大きく国家公務員としての地位を約束されている医師と、地方公務員としての地位を約束された医師とに分けることができます。一般的に公立病院へ勤務している医師は、地方公務員として扱われることになりますね。国家公務員と比較すると、やはり地方公務員の方がなりやすいというメリットがまずは存在しています。

地方公務員とはいっても、やはりさまざまにありますから、地方公務員の医師のうち、町村職員とされる医師の待遇面を見ていきましょう。まず平均給与です。平均で月額として、63万5000円というのが、基本月給になっています。これは通常勤務にかかる給与であり、この金額は何があろうと、基本給として手元に入ってくる給与になります。

これに公務員としての最大のメリットでもある、各種手当というものが付随してくることになるわけですね。諸手当の種類は、以下のようなものがあります。扶養手当、地域手当、居住手当、初任給調整手当、通勤手当、単身赴任手当、特殊勤務手当、管理職手当、特地勤務手当、僻地手当、定時制通信教育手当、産業教育手当、業務教育等教員手当、農林業普及指導手当、時間外勤務手当、宿日直手当、管理職員特別勤務手当、夜間勤務手当、休日勤務手当などなどです。

この中で、医師には関係のない手当の名前も上がりましたが、これはあくまでも地方公務員としての枠組みの中で、必ず給与明細には記載されている事項ですので、紹介をしました。さてこれらの手当の中で、一番高く支給される手当は、特殊勤務手当です。これは別名医師手当とも呼ばれていて、医師という特殊な業務を担当しているからこそ、支給される手当になります。この手当がかなり大きく、これらの手当を加算していくと、実に月収で129万2000円ほどになります。これが一般的な地方公務員医師の月収になります。

一般的に公務員と呼ばれるものを、前述にだした国家公務員以外の種類に分けてみると、都道府県職員、指定都市職員、特別区職員、市職員、町村職員に分けることができます。これらの中で、一番待遇面で良いとされているのは町村職員の129万円。次に市職員が続き、113万8000円という給与を受けていることがわかっています。さらに指定都市職員の110万円という待遇が続いていきます。以外に都道府県職員はそこまで高くないということが分かっているのです。これらの待遇の差というものを、しっかりと把握しておくことも、失敗しない転職のためのアクションであると言えるでしょう。一口で地方公務員と言っても、その待遇には大きな開きがあるのです。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.