医師公務員求人サイトランキング

医師公務員の募集先の例

世の中の不景気が一向に収まらないことが原因なのか、公務員を目指す人間は増加していますよね。さまざまな法案によって、公務員への風当たりは厳しくなる一方ではあるものの、それでも一般的な職種と比べれば、安定性は抜群に高いということは、言うまでもありません。看護師や保健師や薬剤師などが地方公務員として働く例は、以前からも目立っていましたが、近年では医師の公務員化も人気になっているというのが現状のようですね。

さて、医師の国家資格を利用して、公務員になる方法は、それこそ沢山あります。そのひとつの例として、官僚になることもできますよね。厚生労働省の中にある医政局。また健康局。雇用均等児童家庭局。医薬食品局。食品安全局。障害保健福祉部など、さまざまな分野で医師としてのスキルを発揮することができるでしょう。医系技官として労働をすることになります。

厚生労働省本省や厚生労働省附属機関でも仕事や、その他にも人事院や内閣官房。内閣府、環境省、総務省、法務省、文部科学省、農林水産省、防衛省などでも、医師の資格を活かして働くことができます。他にも国立高度専門医療研究センター。医薬品医療機器総合機構、国立健康・栄養研究所、福祉医療機構、医薬基盤研究所、国際協力機構や宇宙航空研究開発機構等などで医系技官として働くことができます。

そしてやはり国立病院機構で働く医師というものも考えられますよね。公務員として、本当の意味で「医師として働く」ということを考えると、国立病院所属の医師となり、国家公務員になるというパターンが一番多いと言えるのではないでしょうか。そして大学病院やその附属病院。さらには県立病院や市立病院などの公立病院も、医師のままに公務員として働くパターンとしては、非常にスタンダードな選択肢だと言えるでしょう。

実際に転職というものを考えた場合には、やはり上記にある、国立病院や県立・市立などの公立病院や市民病院などで働くことが現実的だと言えますよね。実際に一般的な医師の募集先なんてものを見ても、市場に出回っている公務員医師の案件というものは、この手の案件が多いわけです。実は安定していて、人気が高いと思われがちな公務員医師ですが、さまざまなデメリットを感じる人間も多く、現在市民病院などでは、医師不足によって、診療科目が減少していたり、経営難に陥り、民間へと譲渡しているという医療機関も多くなっているのです。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.