医師公務員求人サイトランキング

医師公務員のボーナス

公務員医師の給与の中でも、民間の病院よりも優遇されているとされているのが、ボーナスの額だと言われていますよね。給与の面でも、現在の業界では公務員医師の方が上という傾向が見られているんですよね。人事院の国家公務員給与等実態調査を見てみると、公務員医師の給与、つまり医療職俸給の基準は推定ではあるものの、年収で1165万円程度であり、平均月額給与は70万5000円で、平均俸給が月額で47万円前後。ここから算出されるボーナスは320万円前後となっています。

ここでの公務員医師とは、国家公務員一般職の医療職俸給表に該当している医師のことを指しています。病院や診療所。そして診療所等の医療施設。さらには刑務所や拘置所などの矯正施設や検疫所などに勤務している医師のこと。また、船舶などに乗り込み、医療業務に従事している医師のことを指します。現在医療職俸給表に該当する人員は、1348名で、この人数は、国家公務員一般職の0.5パーセントの割合になります。

やはり民間の医師と比較しても、そこまで遜色はなく、割合に高いボーナスを得ているというところが多いのではないでしょうか。公務員医師のメリットは、やはり景気や経営事情などにあまり関係なく、公務員としての安定した給与を獲得できるところですね。ボーナスに関しても、当然に景気が良いから上がるとか、景気が悪いから今回は減額などといったことはなく、常に安定しているというのがひとつの特徴でもあります。国家公務員のんボーナスは勤勉手当と呼ばれていて、4.5ヶ月分の支給というのが一般的です。平均してみると、320万円前後がボーナスとして支給されているというのが現状です。

現代の医療経営は、非常に難しい問題が山積していますよね。公務員医師の置かれている現状も、国家公務員であったり、地方公務員という立場の違いでも、まったく違ったものになっている状況です。とくに地方公務員として勤務している医師の中では、病院の経営状況が悪くなっていたり、産婦人科や小児科などの、特定の診療科目の医師が不足している状況で、総合病院の役割をきっちりとになっていなかったりとさまざまな問題を抱えている状況です。

しかしながら、さまざまな医療改革などが進み、民間でも公務員でも、医師としての目指す道がきっちりと決まっていないと、これからの医療業界では生きていけないのかもしれません。民間でも公務員でも、これぞというような専門家的な医師の需要が高まっているというのが、現状であるといえるでしょう。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.