医師公務員求人サイトランキング

東京都の公務員医師求人

東京都は人口10万人当たりの医師の数が303.7人と全国的に見ても非常に多く、全国で二番目に高い比率となっています。しかしこれは民間病院も含めた医師の比率であり、国公立病院に勤務する公務員医師となるとその比率は下がります。東京都は人口も多く、国公立病院もたくさんあるため公務員医師の求人も多いことは予想できます。高齢化社会によってこれから患者数が増えていくことが予想される中で医師の必要性は増していきます。では実際のところ国家公務員・地方公務員として働く医師の求人はどのくらいあるものなのでしょうか。

東京都内には多くの都立病院・区立病院・市立病院があり、病院によっては医師が募集されています。たとえば都立病院に勤務したい場合には東京都病院経営本部のホームページに求人情報が掲載されていることもあります。各病院の欠員状況に応じて採用が随時行われています。どこか特定の公立病院に勤務したいという希望があればその病院のホームページをチェックしておけば良いでしょう。特に募集が多いのは麻酔科、産婦人科、内科、脳神経外科などです。さらに絶対条件ではありませんが40代くらいまでの方が公務員医師として採用されることが多くなります。さらに給与は免許取得後5年目までは年収約764万円、10年目になると約887万円となっています。この年収に加えて扶養手当や通勤手当、住居手当などが支給されます。

国家公務員は地方公務員として働く医師とは異なり、都内にある国立病院などに勤務することになります。都内には東京医療センター、災害医療センター、東京病院、村山医療センターなど十の国立病院・医療センターがあります。こうした国立病院などで働きたいという場合には各国立病院のホームページで求人情報を確認することができます。さらに国立病院機構のホームページからも各病院の求人情報が手に入ります。国立病院で働く医師は国家公務員と同じ待遇を受けることができ、基本給に加えて各種手当を受けられます。子育てをしながら働く医師の支援も充実しており、転職先としても人気があります。

東京都には医師として働く人がたくさんいますが、公務員医師として働くためにはこまめに求人情報をチェックしなければなりません。人気の求人になるので募集が出るとすぐに埋まってしまうからです。公務員医師として働き、より安定した仕事に就きたいという場合にはぜひ各病院のホームページなどをよく見て待遇や求人情報を知っておくようにしましょう。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細


>>公務員向け医師求人サイトランキングの続き・2位以降を見る




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.