医師公務員求人サイトランキング

医師の公務員の求人を扱う無料エージェントを紹介!

「医師公務員求人サイトランキング」は公務員医師を目指す方のためのサイトです。転職をお考えの医師の方で特に公務員として勤務したい方や、現在公務員医師でお勤めで別の病院へ転職したい方に無料で利用できる医師転職エージェントをご紹介しています。

当サイトの医師公務員求人サイトランキングでは、非公開の優良求人情報を多数保有しているリクルートドクターズキャリアがランキング1位です。やはり転職の老舗のリクルート系なので知名度と安心感が違います。初めての転職の方は特にリクルートを推奨します。

医師公務員転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■年収300万アップは当たり前。公務員医師への転職を目指すならリクルートドクターズキャリア
■言わずと知れた転職サービスの老舗。30年の歴史があるから公共施設の信頼度が違っています。
人間関係や医療方針など、気になるところをしっかりとチェックし情報開示する点が◎です。
特に非公開求人の充実度が抜群で、ベストマッチした公務員医師の転職先を紹介してくれます。
■応募先医療機関との条件交渉をしっかりと代行して行ってくれ、安心して転職活動ができます。
■常勤医はもちろん、非常勤位の案件も多数所有。年収2500万円以上の良質案件も豊富です。
全国を対象に、医師転職専門のキャリアコンサルタントが公務員転職に的確なアドバイス。
■豊富な公務員求人の中からも、各個人の適正にあった案件を紹介。利用料は全て無料です。


医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■株式会社メディウェルが運営する医師専門の転職支援サイト「医師転職ドットコム」です。
安定性を重視した公務員医師の転職案件も多数所有。利用料はこちらも全て無料です。
■医師転職のプロの視点から、将来のビジョンを確実に考えて、安心出来る転職先を紹介します。
求人数の多さでは評判の転職サイト。稀少案件の公務員医師の求人も多数所有しています。
■医師転職ドットコムを利用した医師のほとんどが、そのサービスの高さに満足しています。
■狭い医療業界の中でも、完全匿名制で周囲に知られることなく公務員医師への転職が実現できる。
ドクターのクチコミ・評判がナンバーワンのサイトです。転職実績の多さが違います。
■ハードな勤務から解放されたいという理由での転職でも、それを満たした公務員案件を紹介。


MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■医療業界の転職に強いと評判の「MCドクターズネット」がランクイン。
■医療業界の特徴をしっかりと把握し転職活動や情報提供をしてくれるので、転職活動がしやすい。
公務員医師の情報を把握してくれているので、分からない情報も簡単に入手することができる。
初めての医師の転職でも、転職成功に導いてくれます。コンサルタントの質は定評あり。
公務員求人の増加タイミングも紹介してくれるから、有利な情報を使って転職成功がしやすい。
■近々のことだけでなく、先々を考えた転職活動をしてくれるので、明るい転職が実現できます。
求人の質が高く、多くの医師が活用している転職サイト。もちろん公務員案件も豊富です。
■全国に支社があるので、地方公務員などの転職実績も多数あるサイトでお勧めできます。


エムスリーキャリア 無料 全国 エムスリーキャリア株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「エムスリーキャリア」は年収1200万円以上、週休2日のゆっくり勤務など好条件求人多数!
■キャリアコンサルタントのコラムなども充実し、転職に役立つ情報コンテンツが多数あります。
将来のキャリアプランを考えた公務員転職なら、エムスリーのコンサルタントにお任せ!
公務員医師など非公開求人にされる案件が豊富。公務員医師への転職には有利なサイトです。
公務員転職の秘訣をしっかりと指導してくれるから、公務員医師を目指す人には必携のサイト
■転職お祝い金制度があるから、転職成功とお祝い金で2重の喜びを感じることができます。
国家公務員医師から、地方公務員医師まで、幅広い公務員医師の転職案件を網羅。
■東京を始めとした首都圏や東海圏、大阪を中心とした関西圏の病院など大都市に強いサイト。


医師求人のJMC 無料 全国 日本メディカルコネクション株式会社 詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
地方・国家の両方の公務員転職に強いクチコミでも評判の高い転職サイト「医師求人のJMC」。
■軽い問い合わせから、本気の公務員での入職までを丁寧親切にサポートしてくれるサイトです。
■全国各地の勤務エリアがターゲット。国家公務員も地方公務員も転職実績も高く信頼できます。
■医療業界専門の転職支援サービスサイトとして、長年の紹介実績があり歴史も◎です。
公務員と一般転職の違いを把握し、的確な助言をするキャリアコンサルタントが在籍しています。
医療機関はもちろん、行政機関ともつながりがあり、国家公務員の案件も多数所有しています
■公務員医師になるための方法論や試験対策なども紹介してくれるので、登録して損はありません。
■キャリアコンサルタントが面談の当日も同席してくれるから、安心。公務員試験対策もばっちり。


※当サイトでは公務員医師の転職に定評があるリクルートドクターズキャリアが1位です。
※医療転職で知名度の高いメディウェル運営の医師転職ドットコムもお勧めです。


公務員医師になるメリットは?

一般病院に比べて、公務員扱いの医師というものは、給与が安いというイメージがありませんか?実は現在の医療現場では、ある年を堺に、後期研修先などに、公立病院を研修先に選択するという医師が増加しているという傾向にあるのですよ。こういった傾向が見られるようになったのは、当然に理由というものが存在します。

たとえば民間病院では、経験することができないような専門の診療に従事することができるというメリットがあるからです。自分の中で目指す医療というものが、しっかりしていればいるほどに、より専門的な医療行為を行える病院で働きたいと思うことでしょう。この欲求を叶えることができるのも、公務員医師として、公立の病院を選択するメリットになるでしょう。

また公立病院は、地域医療における中核病院として指定されていることが多いですから、そういった環境で医師として地域住民に貢献することができるというメリットがありますよね。こういったいわゆる「医師としてのスキルを向上する」とか、高いやりがいを感じやすい職場であると言えるのです。

ただ2012年に公務員給与削減法案が可決されました。この影響がすさまじく、これによって公立病院を代表として、公務員医師の希望者は、現象傾向にあると言われているんですよね。

前述にあるようなさまざまな症例に出会うことが、なぜ公立病院では出会うことができるのか?それは地域での知名度が格段に高いからです。知名度が高く、信頼度が高いからこそ、さまざまな患者さんが公立病院を頼りにしてくるのですよ。ですから、医師になりたてのこれから医療スキルをどんどん上げていきたいと思っている医師には、打って付けの転職先であると言えるのではないでしょうか。

また学会専門医の指定病院とされているケースが多いという背景もあります。専門医を目指している医師は、公立病院に勤務するケースが多く、専門科目が決定しているような医師にも、当然に選択されやすい道だといえるのです。

最後には、 ある程度に高い給与を、安定して獲得できるのも魅力です。前述にある公務員給与削減法案の影響があり、それまでの給与水準よりは低くなりましたが、それとも一般の公務員などと比較しても、その給与水準は非常に高く、福利厚生も当然に充実しているというのが、高いメリットと言えるのではないでしょうか。こういったさまざまな点から、公務員医師になるメリットというものが、多く存在しているということがわかるのですよ。


>>最新の公務員求人情報を無料サイトで検索する<<


公務員医師の求人先探しの方法は?

公務員医師といえば、独立行政法人国立病院機構であるとか、労働者健康福祉機構などを代表とした労災病院。また年金や健康保険福祉施設整理管理機構の社会保険病院。都道府県や市町村立の病院で働く医師全てと思われがちですね。しかしながら、これらの機関や病院で勤務をすることで、必ず公務員としての待遇を受けられるという考えは、はっきりいって認識違いなのです。

たとえば公立病院の場合には、その病院へ正規職員。つまりは常勤職員として雇用され、公務員共済年金に加入することができるという条件を満たしていなければ、公務員としての待遇を受けることができないのです。ということは、公立病院へ医師として入職出来たとしても、雇用形態が臨時職員や非常勤職員というような非正規職員である場合には、残念ながら公務員としての待遇が受けることができないケースがあるということを覚えておきましょう。

一般的な公立病院などの公務員医師の求人を見ていると、入職後1年間は契約職員としての契約というところが多く、2年目以降にその人材を見て、契約内容を見直しするというパターンが非常に多いように見受けられます。こういった契約通り、2年目を迎えて、晴れて正規職員として迎えられる医師もいれば、残念ながら、2年目をすぎても、非正規職員のままの雇用形態を取られるというケースもあるのです。ですから、公務員医師を目指している転職者の方は、こういった点をしっかりと考慮し、その真偽というものを確かめてから、転職先を決定することをおすすめします。

しかしながら、この真偽を確かめるためには、実際にそういった病院施設などで実際に働く医師などに、知り合いやツテなんてものがない場合には、個人レベルでの情報収集は難しいと言えるでしょう。こういった場合に役に立つのが、医師専門の転職支援サイトの存在なんですよね。一般的な私立病院以外にも、公立病院の案件は、簡単に見つけることができるでしょう。

そして何よりのメリットといえば、それらの転職支援サービスサイトのほとんどが、独自の非公開求人を所有しているという点です。たとえば、その病院の唯一の科目医師が、辞職の希望を仄めかしていて、どうしても早急に人材確保を行いたいという場合などでは、よく転職支援サービスサイトを利用して、自分たちの求める人材にのみ紹介をして欲しいというケースが非常に多いのです。こういった案件が沢山に存在していますから、公務員医師の求人探しには、もってこいのツールだと言えるでしょう。

>>リクルートドクターズキャリアで公務員医師の求人を探す<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2016 医師公務員求人サイトランキング All Rights Reserved.